ヘッド写真

会社情報について

会社名 東邦工板株式会社
代表者名 代表取締役社長 山下宏実
本社 〒300-4115 茨城県土浦市藤沢3337-1
設立年月日 昭和31年3月5日
電話番号 029-862-2811
FAX番号 029-862-4430
資本金 50,000千円
業務内容 カラー鋼板製屋根材壁材の製造販売、ドラム缶部材製造及びドラム缶の販売
従業員数 25名

会社沿革

◆昭和31年3月5日
昭和31年3月5日設立。東京都墨田区横川に於いて都内問屋を対象に
亜鉛鉄板・薄銅版の販売及びシャーリング加工工業の業務を開始。

◆昭和34年
長尺屋根材の成型加工販売を皮切りに内外壁用角波加工用ロール、
外壁モルタル壁下地用メタルラス製造機、スポット溶接機を導入

◆昭和41年6月
茨城県新治郡新治村(現土浦市)に1300坪の工場敷地を確保し移転。

◆昭和43年10月
ドラム用(200L)リングバンド製造開始。

◆昭和50年7月
ポリエチレン断熱熱着ラインを導入。

◆昭和52年12月
本社を茨城県新治郡新治村(現土浦市)に移転。
東邦シートフレーム株式会社の100%出資会社となる。

◆昭和54年
工場隣接地1150坪を確保。

◆昭和54年7月1日
資本金3000万円となる。

◆昭和58年5月
建設業許可取得。

◆昭和58年6月
丸馳2型、3型成型機導入。

◆昭和58年11月
ドラム缶用リングバンド新型成型機導入。

◆昭和63年3月
新型ポリエチレン断熱のり接着成型ライン導入。

◆平成10年
4mシャーリング、プレスブレーキ機導入。

◆平成9年 6月
丸馳W-650 ロール成型機導入。資本金5,000万円に増資

◆平成9年 7月
第五工場新設

◆平成10年10月
角波製造ライン連続化へ改造

◆平成11年 3月
段葺屋根(ガルワイド)製造ライン導入

◆平成11年11月
第二スリッターライン設置

◆平成11年12月
小口止他役物ライン設置

◆平成12年11月
4mプレスブレーキ、4mシャーの導入により、折り曲げ加工開始

◆平成15年 9月
角波W-700 ロール成形機・タフクリップ成形機導入

◆平成15年11月
新型W-600 ロール成形機導入

◆平成16年 4月
タフスパンW-250 ロール成形機導入

◆平成16年10月
プロジェクション溶接機(NPNS-100)導入

◆平成18年 2月
市町村合併により新住所:茨城県土浦市藤沢3337-1となる

◆平成19年 1月
プロジェクション溶接機(PO−200A2S)導入

◆平成19年 5月
角波W-550 ロール成形機導入

◆平成20年 1月
サイディング用笠木ロール成型開始

◆平成24年 5月 
ドラム缶用ボルトバンド部材の部分自動溶接機の導入

◆平成25年 2月 
外壁モルタル塗下地メタルラス製造の休止

◆平成26年 5月 
ドラム缶用ボルトバンド製造の自動機の導入


許可登録

◆一般建設業登録

茨城県知事許可(般−27)第26458号
屋根工事業
板金工事業